はじめに



 中学校の数学はほとんど受験のための数学となっています。そして、子どもたちにとって数学を学ぶことは苦痛になってきています。私は、数学は自然や社会とのつながりの中でこそ「学び」として再生するのではないかと思っています。ですから、数学と自然や社会との「つながり」を通して、子どもたちと数学との「出会い」を創り出すことに授業の重点を置いてきました。
 ここに書いた実践は、生徒と共に授業を通して創り上げてきたものです。したがって、生徒との対話形式に書くのが一番いいであろうと考えました。
 私が中学校の数学を通じて生徒たちと共に考えたかったことは、次のようなことです。数学はなんのために学ぶのか。数学の面白さとは何か。数学とはどういう学問なのか。生徒のための、自分自身のための数学とはどんなものなのか。数学は現実の世界と、どういう関係があるのか。そういった問題に少しでも解答を与えたいと考えた結果が、このサイトの内容なのです。そして、このことは全て授業でやったことです。登場人物も、かって担任した生徒諸君のイメージで書きました。かってに名前を借りたことをお詫びします。 
 このサイトは、生徒諸君に読んでもらいたいのはもちろんですが、何よりも教師の皆さんに読んでもらい御批判をうかがいたいと望んでいます。     ♪ kirakirabosi

目次へ